消費者金融と銀行ローン、なにが違う?

総量規制の違い

お金を借りようと思ったときには二つの方法があります。消費者金融審査甘いからのキャッシングが銀行ローンからのキャッシングかです。ではどんな違いがあるのでしょう。まず借りられる額が収入に影響されるかどうかの違いがあります。これは貸金業法で定められている総量規制の対象が消費者金融には適用されるからです。これは「年収の3分の1以上の貸付は制限する」というものです。ですから年収が300万だとしたら、100万以上の借入はできないわけです。その点で銀行はこの貸金業法が適用されないので年収に関係なく希望の額を借りられます。ただし、銀行からの借入を希望する場合は審査も厳しくなるのでそこは忘れないようにしましょう。

利息金額の違い

お金を貸付る時には利息制限法を守らなくてはいけません。現在実質年率は15%~20%に制限されています。消費者金融は上限ぎりぎりで設定しているところがあるので18%や20%のところが多いです。それとは反対に銀行で借りる場合には15%ほどとだいぶ低い設定となっています。

即日融資ができるかどうか

今すぐにでもお金が必要という時には消費者金融の方が便利です。今は申し込みをしたその日のうちに借入ができます。早いものは30分もかからないものもあります。銀行キャッシングの即日可能と謳っているところはありますが、いろいろな手続きに時間がかかり結局数日かかってしまうということが多いようです。

キャッシングの際にスピードを重視するなら消費者金融を、長い付き合いを望み、少ない利息で借りたいのなら銀行をと使い分けるとよいでしょう。

すそわきがの臭い発生位置とは

陰部から臭うわきがのことをすそわきがと言います。わきがですから、その原因はアポクリン汗腺からの分泌物ということになりますが、そこにおりものや排泄物、生理などの臭いが混ざることで、鉛筆の芯のような臭いだったり、酸っぱい感じの臭いだったり、少し生臭かったりと、脇のわきがよりも臭いが強烈になってしまうことが多いので、しっかりとした対策が必要になってきます。

すそわきがが発生する位置については、男性の場合は主に陰囊や肛門、陰毛部分の位置から臭うことが多いです。これらの部分の周りにたくさんのアポクリン汗腺があるからです。この中で特に臭いが強くなるのは陰嚢で、次に肛門の周りになります。

女性の場合の位置については、主に外陰部や肛門からになります。一番臭いが強く感じるのは外陰部ですが、陰部の中から臭ってくる臭いがすそわきがではありません。陰部からもおりものの臭いなどがしますが、それはすそわきがではなく、それらの臭いと陰部や肛門の周りにあるアポクリン汗腺からの分泌物が混ざって独特のわきが臭となっているのです。男性と女性のすそわきがの比率を比べると女性の方が多く、またその原因の多くは遺伝と言われています。

すそわきがの対策については、まずいつも清潔にしていることです。特定の位置がわからなくても、周辺全体を含めて清潔にしておくと良いでしょう。また、アンダーヘアーを処理したり、通気性のよいパンツをはくようにすることも効果的です。さらに臭いが気になる人はデオドラントを使うと良いでしょう。

すそわきがクリーム人気ランキング│今アツイ!わきが対策とは?はこちら

オーガニックコスメのいいところ・まとめ

オーガニックコスメとは化学成分を使用せず、植物や食品などからの抽出した成分を配合した化粧品のことをいいます。この成分は農薬などを使用していない有機栽培をしたものから抽出しているのが特徴でもあります。このコスメのいいところは、お肌に優しく効果も高いという点です。
オーガニックコスメは効果があらわれるのは遅いといわれています。自然の素材から抽出されているため、その人のお肌のペースに合わせてじっくりと効果があらわれるためです。長く使用することで少しずつ美肌に導いていくれる効果があるのです。いいところは、しわを改善したり、美白になるなどエイジング効果も期待できる点です。
オーガニックコスメは化粧品としては御値段が高めでありますが、これは有機農法を採用しており、製品になるまで手間や時間がかかっているためです。たくさん生産することもできないので、希少価値の化粧品になります。ケミカルコスメの場合は値段もお安く効果もすぐにあらわれるため、一見すると手軽でよい商品に感じるものです。オーガニックコスメのよいところは安全性と自然治癒力が高いことです。そのため、お肌も強く美しくなる効果が期待できます。化学成分を使用していないので、敏感肌やアトピー肌にも最適なのがいいところでもあります。
オーガニックコスメのいいところは、このようにたくさんあります。お肌に合う化粧品に出会えれば、美しい肌へと導いてくれます。また、天然のアロマ成分によりリラックス効果も期待できます。

数社から借り入れている方は大注目!おまとめローンってなに?

消費者ローンには、昔からの消費者金融会社系と銀行系、信販会社系などがあります。この中で銀行系消費者ローンは比較的新しく、貸出金利が他の業種より低いのが特徴です。
消費者ローンの貸出金利は、返済総額に直接関係しますので、低いにこしたことはありません。そして、数社の消費者ローンがある人にとってみますと、貸出金利の低い銀行系のおまとめローンに借り換えるといろいろなメリットがあります。

複数の消費者ローンがありますと、毎月の返済が煩わしくなることも多いのではないでしょうか。これを銀行系のおまとめローンに一括しますと、月1回の返済で済みますので、少し楽になるでしょう。
そして、おまとめローンにしますと、借入残高や返済履歴などの管理がしやすくなります。これで、将来の返済計画もきちんとたてられます。特にリボ払いをしている人では、借入金が多くて、返済期間が長くなるほど返済総額が多くなりますので、計画をたてて返済しないと返せなくなるような状況に陥る危険もあります。

銀行系の消費者金融の貸出金利は、年3パーセント位から15パーセント程度と幅広くなっています。一般的には貸出金額が多くなるほど貸出金利が低くなります。消費者金融会社系では、貸出金利が2桁であることが多いですが、銀行系では1桁で借りれる可能性もあります。
数社から2桁の貸出金利でかりているものを1つの銀行系のおまとめローンに借り替えますと、それまでの貸出金利より概ね低くなります。この金利差は、返済総額を減らすのに好都合です。

このように銀行系のおまとめローンはメリットが多いですから、今借りているローンをみなおして、有利だと判断できるのでしたら借り換えをしてみましょう。

即日融資の返済について押さえておきたいポイント

即日融資を利用する際に抑えておきたい「返済のポイント」に関してですが、何より重要なことは「現実的な返済計画があるか」ということです。即日融資を利用するということは「緊急的なお金に困っている状態」である可能性が高く、とにかく早くお金を借りたいという思いはあっても適切なプランニングをしたうえで借入れをするような状態ではないことが非常に多いものです。しかし、借りたは良いもののすぐに返済に行き詰まるような状況ではリスクしかないので、必ずこの点については考えておく必要があります。

また、即日融資を利用する時には「返済を楽にする方法」も検討しましょう。その方法は必ずしも限定されるものではありませんから、例えば「無利息期間を利用する」ということも一つの方法です。尤も、これは即日融資を利用する場合に限ったことではなく、全ての借金をする際に考えるべき内容でもあります。

無利息期間を利用すると大幅に利息を減らせる可能性があり、場合によっては利息ゼロでカードローンを利用することも出来ます。その為には短期間での完済が必須となってしまうので現実的ではないかも知れませんが、少なくとも1か月程度の利息を節約できればその分だけ早く完済に近づくことが出来ることは間違いありません。

要は「如何に早く、少ない回数で完済できるのか」が返済の負担を減らすコツで、状況次第では総額が倍ほども変わる可能性があります。その為、自身の返済能力を正確に洗い出すとともに、その余力以上の返済をしていくと言った決意が重要になります。

100万を借りたい方の知っておきたい業者の選び方とは

100万円を借入れる為の選択肢として考えると、「銀行・消費者金融・行政機関・個人」など様々なものが候補に挙がります。この内、金融機関や貸金業者を利用して100万円を借り入れるとなれば、銀行や消費者金融などを始めとする「(カード)ローン」を利用する方法があります。

例えば、銀行から100万円を借りる場合には「目的ローンとフリーローン」のいずれかを選択できますが、目的ローンに関してはあらかじめ定められた目的以外に用いることが出来ないローンであるため、状況によってはフリーローンのみ選択できるという場合もあります。消費者金融などのカードローンであれば、銀行のフリーローンと同じ仕組みになっているので使途は自由です。ただし、いずれも審査が行われ、これをクリアして初めて100万円の借入れが実現できる可能性が生まれます。

いくつかある選択肢の中から選び出す時のポイントは、「返済が出来るかどうか」というテーマに沿って考えていくと良いでしょう。具体的に言えば「返済総額が最も少なくなるであろう方法」を選択した方が良いという意味で、つまりは「金利が低い」という条件を元に選択肢を絞り込んでいきましょう。

銀行と消費者金融では、銀行の方が低金利で借入れ出来る可能性が高くなります。しかし、比較すると銀行の方が審査基準が高めに設定されていることが多く、審査を受け時に否決されてしまう可能性も高くなります。如何に優れた環境であろうと借入れが実現出来なければ意味がないので、金利のほかに「契約できるかどうか」という点も考慮して決めていく必要があります。